FC2ブログ

はるか遠くのカッコー


自己満足でしかない、遠くのカッコー


前の写真よりはくっきり・・・・
鳥には見える。。よね?

IMG_8373 - コピー
双眼鏡のレンズに、カメラのレンズを合わせて・・・
もっと大きく見えるかと思ったけど・・・

ちょうどオナガが、同じアンテナにとまった瞬間があって
その時は、この遠さでも体系の違いがくっきり判った。

毎朝5~6時にカッコーカッコー♪と鳴いてくれるので
毎朝早起き♪

相方がまだ見つからないのかなあ?
スポンサーサイト



カッコー激写(笑)



撮れたぞカッコー!!ヤッホー!!


鳥影が移動してるから、アンテナじゃないことがわかる!

遠すぎて。。。撮れたのも奇跡
裸眼だと、アンテナと同化してて「おそらくあれか?」と思っても
アンテナだけだったこと多し

双眼鏡で見てもシルエットでカッコーだとわかる程度
飛ぶと、飛び方でもわかる。

5日まで連日声を聴いたのに
それ以降声も姿も見てない。托卵して去ったか?

カッコー♪3度目確認とカリブラコア

25日に目撃した後、
27日も近所の植木屋の森で声だけ大音響で聞く。

それっきりか?と思った6月1日3回目の目視!!
ご近所の高校の校舎のアンテナにカッコーらしいシルエットから
「カッコー♪カッコー」と聞こえてきた。
双眼鏡でも確認。飛び立つ姿もまさしくカッコー

まだいた!
次に会えるのはいつか?

カッコーの写真はないので
大きく育ったカリブラコアを





6月になりパンジーの葉っぱが虫だらけになる前に処分を決め
新しい苗
白と赤のカリブラコアミリオンベルを買ってきて植えた

たくさんの花をありがとうパンジー♡

うそ発見♪昭和記念公園⑦


うそだ!
うそだ!うそがいた~~~♪

かわいい~~~♡
IMG_7528 - コピー

立川の昭和記念公園に行ってぶらぶら歩いてたら
カメラ持った老人集団が居た。
こういう時は鳥がいる!
ほっぺた赤い。和菓子みたいな鳥「うそ」が
かわいい声で鳴きながら何かついばんでる♪

IMG_7531 - コピー
2羽いるぞ!
もしかして夫婦か?
頬の赤色がちょっと薄いのが奥にいる♪

IMG_7537 - コピー
けっこう近くの木の下に10人以上カメラ構えた爺婆がごそごそ蠢いているのに
全然逃げない!
あちこちで結構連写の音がするのに、逃げない。
まあ、みんなバードウォッチャーの基本は心得ているので
静かに。鳥を脅かさないように、行動してるけど
でも私のカメラでここまで写せるこの近さで
逃げない!!すごい~~~~!!!!

ありがたいけど逃げてくれるまでその場を動けず・・・・20分

さすがにもう場所移動して
シジュウカラ

身近なよくいる鳥だけど
こんなばっちり撮れるなんて、慣れてるのか?
撮られることに!!ここの鳥たちは?



曙口から 公園に入ってすぐにジョウビタキもいて
でもカメラ準備が間に合わず撮れなくて
その次に会ったのが「ツグミ」

IMG_7516 - コピー
これも近い!
以前彩湖で撮った時の何倍も綺麗に撮れた♪


水鳥の池にはまだいっぱい水鳥が残ってたので一応撮る

おそらくこれはカルガモ。渡らない水鳥。ずっといるやつなので今一つありがたみが・・・
でも、絵になるので。撮る。


花は水仙と


サンシュユと


セツブンソウ


5月には赤いじゅうたんになるポピーの畑♪


また来るからね~♪と
公園横断して砂川口から出る。

帰りにスポクラ寄って風呂入ってから自宅へ
16000歩♪
今日も消毒薬持参。
帰ってきてニュース見たらまた感染者が・・・・
マジで、スポクラ控えた方がいいのだろうか?

ハクセキレイとスズメとetc,

IMG_7292 - コピー
もう一度カワセミに会いたいと、出かけたらハクセキレイに会った。
しかも近い!逃げない!
IMG_7293 - コピー
収穫の終わった田んぼのあぜ道ですぐそこにいる!
私のやっすいカメラでもここまで撮れるのは近いから!!!

後ろ姿もこんなくっきり!!図鑑並み!


わざわざフェンスにとまって近づいてきてくれて
大丈夫か?ハクちゃん!

セグロセキレイは何度も撮ったけど↓
ハクセキレイは初めてだ!!初めての鳥が撮れると嬉しい♪


いつもカワセミに会える場所にはコガモ軍団しかいなくて

アオサギたちしかいなくて


この日はカワセミに会えず。がっかり。

でも、綺麗なハクセキレイが撮れてばんざ~い

ついでにほかの日に会ったほかの鳥たちも♪

大好きな雀♡ちょこまか動いて警戒心強いのでなかなか撮れない
IMG_7322 - コピー
山田池にいたカワウ
日向ぼっこか?翼広げて悪の帝王みたい~~~


そして山田池近くの川にもやっぱりいた!
ヌートリア

悠々とこっちへ向かって来てたのに、私が橋の上で止まってカメラを構えたのを察知して
ぐるりと振り向いて去って行った

公園の中では、池のふちで、双眼鏡のぞいて鴨を見ていたら
すぐそばでガサゴソと音がして
バードウォッチャー?と思ったら足元にヌートリアの子供2匹がいて
草を食ってた。
(川で見たのは大人のヌートリア。デカかった。)

誰かがえさをやってるんだろう
だから人間の近くに来る
害獣です。餌をやらないで!





カワセミ三昧

大阪に帰ると。カワセミに会えるのが楽しみで
すぐ近くの川へ出かける。
ここでカワセミに会うようになったのは何年前かもう覚えていないけど
いついてくれてるのは確か

帰省して、最初に川へ出かけ、土手を上り切ったときに
特徴ある声を聴き,もう会えるの?はやっ!と思ったら本当にいて
その後もカワセミ遭遇率70%?
(100%だった時もあったけど、だんだん確立が・・・)

いつも出会う場所は決まってるので
探すのは実は簡単


困るのは、出会ってしまったら、いなくなるまで
その場を離れられないこと。


できればずっと見ていたい
でも、凍える。
早くどっかへ飛んでってくれ
でも、もうちょっと近くに来て!!

土手の上から、川面に近い場所にいるカワセミを見ているんだけど
向こうもこっちの気配を感じてるらしく
そろりそろりと近づくと、ほぼ必ず、移動されてしまう。
そして同じ距離をあけられてしまうのだ。



今回は、初めて見つけた場所から、
少しずつ少しずつ移動されて
それでやっと「チー――ーッ」と鳴いて飛んでってくれた時
心底冷えて、実はほっとした
やっと家に帰れる~~~♪と。


同じ日、久々にキセキレイに遭遇

良いカメラ欲しいな…と思いつつ
土手を後にする


京都府立植物園と鴨川の鳥


植物園の温室で一番インパクトあったラフレシア
・・・の標本?

帰りに出町柳の駅まで鴨川沿いを歩いて鴨ウォッチング

IMG_7199 - コピー
初めて見る白黒の鴨
ミコアイサに似てるけど違う
なんだろう~~~?と帰って図鑑で調べたら
「カワアイサ」
白黒のが♂
地味でとさかが立ってるのが♀ ↓
IMG_7196 - コピー
ミコアイサの時も雄雌の色の差はこんな感じだった

ヒドリガモの雄と雌
IMG_7189 - コピー
色のくっきりしてるのが♂額に白っぽい(黄色い?)線

ぴぃー―――‐っと甲高い綺麗な声で鳴く
この鳥もなんだかわからなくて図鑑で・・・・
スマホ持ってたらすぐ調べられるんだろうけどね

コガモもいっぱいいて

背伸びするコガモ~♪♂です





カワセミとの遭遇


ことしも会えた♪カワセミ♡
いつもの川の土手をぶらぶら歩いてたら
チー――ーッと透き通る声がして『いる!』
と思ったら,居た。
こんな簡単に会えていいのか?カワセミ
うれしい♪


いつものセグロセキレイもいて


土手には、とっくに枯れてるはずのセイタカアワダチソウが
緑美しく黄色い花まで咲かせてる
背こそ低いけど
やっぱりなんか気候がへんだ…と思わずにいられない今年の冬


公園では
ネモフィラまで咲いてて・・・・
やばいよヤバイよ
ひたち海浜公園のことしのネモフィラ開花は早いかも?


バードウォッチング用ベスト


双眼鏡とカメラとメガネを出し入れしやすいベストを縫った。
生地は100均で100円で売ってた残り布。
ファスナーは3本買って600円ほど
リュックを背負うのに慣れると、ショルダーバッグは持てなくなった。
でもリュックから、双眼鏡やカメラを出してる間に、鳥が逃げちゃう~~~ことも多々あって
双眼鏡を入れられるデカいポケットのあるベストを縫おう!とずっと思っててやっと縫った。
(首に双眼鏡かけるのもいやなんで)
NHKの災害番組で、ポケットだらけのベストは、避難生活に便利!とやってて
なるほど、そっちでも使えるなら、、と思い、縫った。
まだ未着用。

でも、最初に縫ったのはこっちの、メッシュ。
100均の洗濯ネットで縫った。

夏場に、布のベストは暑くて、きっと着てられないと思ったので
ちゃんとベストみたいに縫ったんだけど
バリバリして着心地悪くて
ジョキジョキ切ってって、最低限のこの形になった。


これは何度も着た。見た目はいまいちだが使い勝手は悪くない。
ポケットの無い服着てるときは助かる。
でもちゃんとしたメッシュ生地で、縫いたいなあ
なんせ100均の洗濯ネットだし。何時べりっと裂けるやもしれん





伊佐沼で野鳥観察

本川越駅から歩いて1時間
1年ぶりに伊佐沼へ
またセイタカシギがいるかな?
何か水鳥はいるよね?とテクテク現地へ

沼にやっとこさ到着したけど
人もいない、鳥もいない…と思ってたら
居た!5~7人ほどのバードウォッチャー

みんな同じ方向を見てるので
そこそこ珍しい鳥がいるみたいだ



「シロチドリ」がいるんだよ。と教えてくれたお仲間
チドリがいるのはわかるけど、
どれがシロチドリで、どれがシロじゃない千鳥なのか?

皆さんのカメラのレンズが向いてる方に居るんだろうけど・・・・


肉眼じゃ、泥の色とごちゃ混ぜで見えにくい~~~

最大に拡大して、これ↓

確かに図鑑で見たことある千鳥だ
「イカルチドリ」だと、帰宅してから調べてわかったけど
現地では「何千鳥」かはわからないまま
似てる千鳥に「コチドリ」というのもいるけど
小さくなかったから「イカルチドリ」であってるはず

おじさんウォッチャーが狙ってたシロチドリは
胸が白くて、ちょっと小さ目
全部で5~7羽くらい居たうち、シロチドリは1~2羽らしく
見つけるのはちょっと苦労したけど
ちゃんと確認はできた。
でも写真は。。。無理だった


↑もしかしたらこれがシロチドリかも・・・
一回り小さくて、
首から胸の輪っかが途切れて、胸(喉)が白くなってるのがシロチドリなので


双眼鏡覗き込んでチドリを見てたら
突然ババババババババシャッ!!と
シャッター切る音が。

これはまた目新しい鳥が見つかった合図!!と思って振り向くと
お腹の赤茶色いのが見えて
「ジョウビタキ?」はこんな人気なはずないし、、と双眼鏡のぞいたら


キターーーーーー!!カワセミ!


背中の金属光沢のある翡翠色が見えたら
すぐわかるカワセミ
何度もエサ取りに水に飛び込んでくれたので
そのたびに
バババババババッ!!!とすごいシャッター音
そのあと「あ~~~何でボケてるんだ~」と
おじさんカメラマンの嘆きの声
カワセミはやっぱり人気♡
カメラ5台くらいしかないはずなのに
連写機能がみんなついてるんだろうね
シャッター音半端ない!!

距離はチドリと同じくらいだったけど
色合いが目立つので、私のカメラでもここまで撮れる

肉眼だとこの程度でしか見えないけど
IMG_6663 - コピー
だいたい鳥の種類によって、どのあたりにとまるか?を知ってるので
探して見つけることができるのだ。バードウォッチャーは

去年もだったけど
初めて会ったのに、躊躇なく話しかけてくれるし、話せるし、
自分がピント合わせたフィールドスコープを
「ほら見て見て」と見せたがったりとか・・・

伊佐沼に来たのは、鳥にも会いたかったけど
鳥仲間にも会いたかったからなんだ。
やっぱいいなあ。野鳥仲間



シャッターチャンスを何度も与えてくれて
カワセミは遠くに飛び立ち
御仲間たちもそろそろ帰途へ着き始めたので
私も帰ろう・・と思ったときは1時間も過ぎてた
ほんの30分程度だと思ってたのに!!

途中、モズもやってきたので一応撮ったけど・・・


水害のあった川越近くの沼だから水が満水かと思ったら

夏は蓮の花も有名だという湖底はひび割れてた
手前は一面の枯れた蓮です。

西武新宿線の「本川越」からの最初の30分は
観光の蔵の町。
そのあと30分はひたすら田園風景。
田んぼ♪田んぼ♪田んぼ♪

最近はめっきり見なくなった、稲わら♪と


一度は刈り取った後に伸びてきて、
もう一度収穫できるんじゃないかと思うほど
がっつりついてた稲穂


里の秋を堪能しつつ


そしてこの電線。
「やけに等間隔でとまってるなあ」と。鳥だと思った過去あり。
「鳥が見たい」願望がそうさせてしまうのか?

「川越城中ノ門堀跡」

歴史的な場所も一応写真撮って16000歩
自宅隣駅に降り立ったら
何やら工事車両がわらわらいて、
東電関係者もあたふたしてた・・・と思ったら、駅北側が停電してた。

台風では無傷だったのにね

プロフィール

ヨコヨコ

Author:ヨコヨコ
毎日5羽のボタンインコの世話に追われ・・・だったのに、
2014.7.8なかこ永眠13歳。
2016.4.4うえこ永眠14歳 
2017.12.30ちゅう永眠17歳 
現在ついにむー&さきの2羽 涙

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR